「これはひどい!」長男君が怒ったそのわけは?

怒ってる・・・ 小学1年生

あるドリルをやっていたときに、長男君が怒り出しました。

ひなたパパ的には結構いいなと思っていたドリルだったのですが、長男君はその欠点を指摘。

説明を聞いて、納得してしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご褒美は自分がもらうもの

小学生向けのドリルや塾では、問題に正解したり、全部終わったりするとシールなどのご褒美がでることが多いですね。

他の方のブログで、たかがシールだけど効果は絶大という感じの記事をみたことがあります。

これは、終わったことに対する報酬ですよね。

大人の人で言ったら、働いた対価でもらう給与と一緒だと思います。

つまり、自分でがんばったから自分がもらうものなんですね。

長男君の頭の中には、ご褒美は自分がもらうものという図式ができているようです。

あるドリルのご褒美に長男君が怒ったわけ

ところが、あるドリルでは、アプリで育てるキャラの餌がご褒美になっています。

つまり、長男君がいくら頑張ってもご褒美をもらうのは、アプリの中のキャラだけ・・・。

逆にアプリの中のキャラからすれば、「何もしなくても」長男君が頑張ればご褒美がもらえるのです。

そして、成長するのです(苦笑)

 

長男君には何の恩恵もない・・・。

 

このことがわかったとき、長男君が「これはひどい!」と怒ったのでした。

そうですよね、自分には何ももらえないのですから・・・。

ご褒美がシールでなくても・・・。

シールなどのご褒美は、いわゆる戦利品です。

でも、戦利品であるならば、ものでなくてもいいのではないかと思いました。

もしかしたら、すごく面白いというものが得られるならば、それも一つの戦利品では無いかと思います。

ただ、長男君がものでなくてもOKと思うかどうかはわかりませんけどね・・・。

それでは、また。

 

タイトルとURLをコピーしました