SAPIXからの電話はほとんど来ない。けれども・・・

塾で勉強! 小学3年生

SAPIX入塾から9ヶ月。

SAPIXから電話が来たのは1回のみです。

他の塾はどのくらいの頻度でくるかわかりませんが、あまり受け身になってしまって連絡が来るのを待つということになるのもね・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先生からのメッセージ

さきに書いたようにほとんど連絡がありません。

なので、授業中の様子は、本人に聞くしかありません。

完全に本人の自己申告ですね。

 

ですが、授業中の様子が垣間見ることができるのです。

それは、先生からの

添削

です。

全部の問題を解いているわけではないのですが、テキストをみると必ず添削下あとがあり、長男君がどのあたりでスイって解いたのか、どこで苦戦したのかがわかります。

添削のあとを見ることが、先生からの便りだなぁと思うのです。

電話で話をするよりも、添削あとを見たほうが、伝わるなと感じました。

このあたりが苦戦しているから、ここを重点的に復習しようというのが見えてくるのですから。

電話で○○を重点的にと言われるより、いいかなと思います。

本人と一緒に振り返りもできますし・・・。

直接会話をするわけではないのですが、毎回、先生からのメッセージをもらっているのです!!

 

本当にクールなの?

ただ、添削あとを見たところで、どのように進めていったよいのかわからないときがでてきます。

何をやればよいのかわからないこともあります。

そんなときは、要点をまとめてからSAPIXに電話するようにしています。

担当の先生が何曜日に来ているのかはチェックしているので、その前日までに電話をして、受付の方に伝言を。

そして、電話で話をすることもあります。

ただ、長男君を迎えに行っているので、タイミングが合えば直接話をすることも・・・。

こちらから適切な質問を投げれば、きちんと答えてくれます。

 

SAPIXは電話がこないなどで親身ではないと思うかもしれませんが、本当はかなり親身になっている塾だなと思っています。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

 

 

タイトルとURLをコピーしました