組み分けテスト(3年7月)

トライイング算数 小学3年生

またもや緊急事態宣言の出た東京。

今のところ、学校に対する休校要請が出ていないのが幸いです。

そのため、なんとか組み分けテストを行うことができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

たった1、2問の差が命運を分ける

テスト結果を見ると、演習不足が出た内容でした。

計算問題は単純ですので、あまりやる気が出ないというのもわかるのですが、さすがにほとんどやらなかったというのが見て取れた内容でした。

今回のテストで、長男君も今までのようなやり方だとよくないと、ようやく理解したようなので、次のテストに期待したいと思います。

標準偏差(グラフ)を見ないと確実のことは言えませんが、点数を見る限り、1、2問のできで、大きく偏差値が変わりそうな感じでした。

正答率の高い問題は落とさないように演習が夏休みの課題。

夏休み前に問題点が見えて、よかったかなと思います。

夏休みは・・・。

緊急事態宣言が出ていることから、今年の夏休みもどこかに出かけることは難しいかなと思います。

ワクチン摂取により、改善されているという話も聞きますが、感染者数を見ると、かなり感染力が増しているような・・・。

 

いまのうちにいろんなことを体験させたいと思っているのですが、こうも動けないと別の手段を考える必要があります。

早く収束することを願うばかりです。

 

夏休み中は学校が休校になることはないでしょうから、SAPIXの夏期講習はできそうかなって思います。

さすがにオンラインで授業と同じだけ拘束されるのは、疲れるかと・・・。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた。

 

タイトルとURLをコピーしました