見せていい?でも、結局見せてしまった「はたらく細胞」

以前、

「手を洗いなさい。ばい菌がついているんだから。」

と言ってもなかなか理解できなかった長男君。

どうやったら理解できるかどうか考えた末、見せたアニメが「はたらく細胞」でした。

果たして長男君の意識の変化はあったでしょうか?

「○○しなさい!」と言ってもわからない。

「○○しなさい!」と言ってもわからないのは、当然ですね。

つい、言いたくなっちゃいますけど。

でも、頭の中で言われていることのイメージがわかないんです。

仕方のないことです。

 

だって、ばい菌(細菌)なんて、手を見ても見えないし、手を洗わなくても平気だったし~って思っちゃえば、洗わなければいけない理由がでてこないのも当然ですよね・・・。

 

ならば、このアニメでどうだ!!

このアニメ見せてしまった・・・!!

ばい菌って絵本とかのお話には出てくるのですが、やっぱりどこか遠い世界の話だと感じているようです。

どうしたらわかるかなぁって考えた末に、見せたアニメがこちら。

 

アニメ「はたらく細胞」第2期告知PV

 

( もう少しで2期がはじまるんですよね~~。)

 

  1. 肺炎球菌
  2. すり傷
  3. インフルエンザ
  4. 食中毒
  5. スギ花粉アレルギー
  6. 赤芽球と骨髄球
  7. がん細胞
  8. 血液循環
  9. 胸腺細胞
  10. 黄色ブドウ球菌
  11. 熱中症
  12. 出血性ショック(前編)
  13. 出血性ショック(後編)
  14. (特別編)風邪症候群

※11.5話( 「熱中症〜もしもポカリスエットがあったら〜 」コラボ)はYouTubeでみることができますよ~~。

https://youtu.be/zYGjiqVWnNs
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

細胞を擬人化したお話なんです。

体の仕組みや体の中の細胞がどのような働きをしているのかがかなり正確に描かれているアニメです。

ドジな赤血球さんや一生懸命な血小板ちゃんたちのやりとりがすごく面白く、それでいて体の仕組みがよくわかるようで来ている素晴らしいアニメです。

 

 

すごくいいんですが・・・。

主人公の一人である白血球(好中球)は、外からやってきた細菌(例えば、肺炎球菌)をやっつけるんですよね。

で、擬人化しているわけです。

で退治すると・・・。

擬人化しているので、当然血が吹き出るわけです(苦笑)。

 

というわけで、低学年までの初めて見るときは大人の人と一緒にみたほうがいいかなっていうアニメです。

そして、終わったら感想を聞くなりしてみるといいかもですね。

 

でも、ばい菌ってどんなものなのか、自分の体の仕組みってどんなものなんだろうというのがわかるので、おすすめです!!

アニメ「はたらく細胞」をみせた結果

ばい菌(細菌)の怖さがよくわかったようです。

帰ってきてから、うがい手洗いは必ずやるようになりました(めでたし~~~)。

たまーに忘れても、はたらく細胞の話をすると、すぐにうがい手洗いw

 

みせてよかったです~~。

 

密かに小学理科の体の仕組みの勉強の一部にもなりますしね (^-^)b

 

ただ、2期が2019年秋頃やるという話ですが、1期はすでに終わっているんですよね・・・。

1期を見逃したという方は、Amazon TVなどの動画視聴サイトか、DVD/Blu-rayでみてみるといいかもです~~。

完全生産限定版になっていますが、2019年9月21日現在、在庫がありました~~~。

それでは、また。

 

 

タイトルとURLをコピーしました