学習時間の捻出ができないので緊急対策。

あたふた(汗) 小学2年生

学校が始まり、学童にも通うようになりました。

授業が始まり、徐々に学校生活に慣れてきつつありますが、長男君の調子はまだ休校前と同じ状態にまで戻っていません。

そのせいか、最近、学童から帰ってくるとかなり疲れている様子。

学習時間の捻出ができてないところが悩みの種です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原因は学校と学童での生活が慣れていないから?!

学校が始まって、楽しく授業を受けたり、学童で遊んだりと、休校前と同じような生活スタイルに戻りつつあります。

学童に再び通うことになった日の前日には「学童に行きたくない。」と言っていた長男君。

いざ学童に行ってみると、学校や長男君いわく、「学校や学童は楽しい。」と言っています。

 

その一方、3か月にも及ぶ集団生活からの離脱で、まだ距離感がうまくつかめていないようです。

そのせいか、学童から帰ってくるとかなりぐったり。

最近の夜の学習は、学童で終わらなかった宿題とOxforde Reading Treeの英語をやるぐらいしかできていません。

学習内容、緊急対策!

朝の学習に30分は確保できているのですが、当分の間、今までのペースのようには学習するのが難しいと判断しました。

先週あたりから、ピグマキッズくらぶも4月号の筆算を終え、6月号に戻っていたので、学習内容を大幅に変更することにいたしました。

 

  1. 朝にピグマキッズくらぶ本体(算数 or 国語) + パワードリル(算数 or 国語)
  2. 夜に宿題、英語+語彙(ごい)力アッププリント1枚+パワードリル(算数 or 国語)

 

まずはピグマキッズくらぶの6月号を終わらせることを先決にしました。

本当はきらめき算数脳やきらめき思考力もやりたいのですが、今の状態であちこちやっていては中途半端になってしまうので、最低限モードに切り替え。

長文のピグマ図書館は長男君の提案で、土日に行うことにしました。

でも「ピグマキッズくらぶは楽しいよ」って

ピグマキッズくらぶの問題は、問題が進むにつれ、徐々に難しくなっていきます。

時にはパズル的な要素を含んだ問題やシールをペタペタ貼る問題。

学校ではあまりやらないような問題ですので、長男君にとって解けたときは楽しいようです。

逆にわからないときは、かなりふてくされますが・・・。

 

5月からスタートしたピグマキッズくらぶですが、今回のような事態は想定していませんでした。

ですが、結果的には、やって正解でした。

長男君、ピグマキッズくらぶだけは「やる」と思っているのですから・・・。

 

ですが、そろそろ平常運転に戻ってほしいなと思うひなたパパでした。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

 

※追伸

「エコのとびら2」が2020年7月に発売されるそうです。

こういったテーマに関心を持っておくことは大切ではないかなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました