解説しても理解できていないときに使っているもの

動画サイト 小学2年生

緊急事態宣言によって、学童・保育園が原則お休みする要請がきました。

早く事態が収束するといいのですが・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学2年生の計算問題もつまづきポイントがたくさん

小学2年生の主な計算問題は、

  • たし算(筆算)
  • ひき算(筆算)
  • かけ算

の3つです。

 

筆算はテクニックなので、繰り返し問題を解いていくことで、マスターできるかと思います。

繰り返し演習に関しては、くもん出版のドリルがやりやすいかなと思います。

ただ、やり方を教えてもすぐに忘れてしまうことのある長男君。

ひき算の筆算はかなり苦労していました。

特に繰り下がりのある2桁の計算問題。

繰り下がりまではできても、10の位のひき算を忘れてしまうとかのミスがあったりしていました。

動画の解説だったらわかる?!

間違ったところを一つずつ解説していたのですが、どうもその問題の解き方として見ている感じがしたので、思い切って他の人が解説している動画を見せたらわかるかもと考えました。

そこで、利用したのがこれ。

「やさしくまるごと小学算数」は、小学生で学習する内容を単元ごとにまるごと学習できる書籍です。

単に書籍での解説だけでなく、小学生の市進学院の講師が解説している動画もYouTubeで見ることもできます。

スタディサプリや他の動画教材に比べたら、解説も淡々としていますし、おもしろく学習できるわけではありません。

しかし、わからない部分だけを見るという使い方をするのであれば、かえって淡々とした解説の方が便利です。

動画一つ分全てを見なくてもピンポイントで見ることができますので。

早速、長男君に見せたところ、ホワイトボードで一つずつ丁寧にゆっくりと解説しているので、長男君もわからない部分が理解できたようです。

すぐに問題に取りかかることができました。

 

ピンポイントで動画を見たいときには、「やさしくまるごと小学算数」を使うのが経済的かと思います。

今は「やさしくまるごと小学算数」で対応できているので、ピンポイントで使っていこうと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました