絶賛遅延中

作文ができれば・・・ 小学3年生

今度のSAPIXの授業は確認テストです。

ゴールデンウイークでどうにかわり算ができるようになったものの、テスト範囲の復習まで手が回っていません。

それに輪をかけて学校からの宿題も・・・。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校の宿題で多いもの

学習指導要領が変わったせいか、担任の先生の方針なのかまでははっきりしませんが、宿題で作文が多く出されます。

なかなか一人で書くことが難しい長男君。

作文は宿題で家に持ってきます(苦笑)。

 

作文ができるかどうかは、日本語を使う上で、できたほうがよいので、こういった宿題は歓迎です。

でも、作文の求められる文字数が長男君には少し多いかな。

できれば、もう少し文字数を減らしてもらって、それを多くこなしてもらった方が長男君の作文を書く力がぐっと上がるかなと思ったりもします。

 

時間の使い方を学習してもらいたい・・・

長男君にとって、作文は少々オーバーワークになっているので、ちょっとした問題が発生しています。

 

作文を授業時間中にサクッと書ければいいのですが、書けないので家に持ってくる。

作文を書くのに時間がとられるわけです。

そして、話をしながら文章を完成させたまではいいのですが、それで完成したと思ってしまい、紙に文章を書かない・・・。

 

なかなかスタートせずに、しばらくしてから書き始めるのですが、その頃には、話した内容を忘れてしまっているので、そこで手が止まり・・・。

 

こういったことは、何度か失敗して気がつくのかなと・・・。

当然、他の勉強時間が少なくなり、予定していた勉強まで手が回らないのです。

早く気がついてほしいな~。

 

限られた時間で学習する必要があるので、予定とにらめっこしながら、テスト前の復習をやっていこうと思います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また。

 

タイトルとURLをコピーしました